溶解性のトリキュラーはドラックストアに置いていない

女性なら、トリキュラーという名前を一度は聞いたことがあるかもしれません。トリキュラーとは溶解性低用量ピルの一種で、現在日本で一番多く処方されています。低用量ピルは他にも何種類かあり、それぞれの体質にあったものをお医者さんと一緒に選んでいくことになります。日本ではまだまだ認知度も低く、どこか敬遠されがちな低用量ピルですが、海外では女性の低用量ピル使用率も日本に比べて大変高く、またその安全性やメリットなども明らかになっています。昨今、低用量ピルは単に避妊のために飲むものではなく、月経前症候群や月経痛の改善、また排卵をとめるというその性質から子宮内膜症の治療にも使用されています。つらい月経痛に毎月悩まされていた女性も、低用量ピルを服用することでそれが改善され、さらにかなり高い確率で避妊を行えるのであれば、一石二鳥にも三鳥にもなりえます。
低用量ピルは毎日決まった時間に一錠ずつ服用しなければなりません。初めのうちは飲み忘れが心配ですが、携帯電話のリマインダー機能を使用したり、毎日決まった時刻に行うこと、たとえば朝の歯磨きの後やランチの後などに服用すると決めれば、習慣になります。トリキュラーは一錠がとても小さく、溶解性ですので水なしで簡単に服用することができます。溶解性であるメリットは、もし服用に失敗してものどの奥で溶けていきますし、飲み込む前に口の中で溶けてしまってもきちんと吸収されるので問題ありません。
しかし、ピルはトリキュラーに限らずすべてのものが、ドラッグストアでは購入することができません。ピルを服用するためには一度病院へ行き、簡単な問診を受けて処方箋をもらう必要があります。ドラッグストアで購入できれば簡単ですが、服用方法や飲み忘れの対処法が特別なので、やはりお医者さんと相談しながら服用するのが良いでしょう。ちなみに、一度処方箋をもらってもドラッグストアでは購入できません。